コンセプト

複雑で変化の激しい世界で、サステナブルな社会へ向けて、シフトを起こすための三つのチカラ

サステナビリティ・トライデント

この三つのチカラは、古代ギリシャの海の神ポセイドンの三叉の鉾(トライデント)のように、時に大波や嵐もたらし刻々と変化する海のような世界で、困難や変化に負けず、サステナビリティという目的を実現するパワーとなってくれることでしょう。

私たちは、この三つのチカラを「サステナビリティ・トライデント」と呼んでいます。


複雑系の科学 

複雑で生きたシステムである、地球と人の関係を理解すること

組織や社会の仕組みをサステナブルなものにするという、複雑な取り組みを導く指針となります。

戦略的な対話プロセス

人の集団からこそ現れる、潜在的な創造性と知恵を活かす

色々な視点が必要とされる複雑な課題に、効果的なソリューションを皆んなで生み出すのに効果を発揮します。

参加型リーダーシップ 

自分の情熱とつながり、行動する、全体の関係性の内にある自分を自覚していること

共通の目的を目指し、組織やコミュニティの自律的行動と最適化をうながすあり方と行動に着火します。